1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ミュージックライブ『大人の音楽』 Vol.3 | トップページ | 「いつくしみの特別聖年」終了 »

『扉の向こう側』

『扉の向こう側』(英題“Communicating Doors”)は、イギリスを代表する喜劇作家アラン・エイクボーンにより1994年に執筆され、1995年にロンドンで初演されたそうです。
キャストから想定するとミュージカルですが、ストレートプレイです

ストレートプレイ『扉の向こう側』

【日時】2016年11月18日(金)ソワレ

【会場】東京芸術劇場 プレイハウス

【キャスト】
フィービー:壮一帆、
ジェシカ:紺野まひる
ジュリアン岸祐二、
ハロルド:泉見 洋平
リース:吉原光夫、
ルエラ:一路真輝

【作】アラン・エイクボーン
【演出】板垣恭一

【席】1階5列目下手側

ホテルのスイートルームに備えられた隣室に繋がる二重扉を使い、1970年代、1990年代、2010年代、と3つの年代を行ったり来たりする、“ドタバタ・サスペンス・コメディ”。

一幕は睡魔との闘い。しかし、2幕では引き込まれてドキドキ・ハラハラ。
時間軸の移動って真剣に考えると頭がぐちゃぐちゃになりそうなので、素直に観るのが良いと思います。

カーテンコールの歌が良かった。やはりキャストはミュージカル俳優なんですね。

Tobiranomukogawa01

Tobiranomukogawa02

« ミュージックライブ『大人の音楽』 Vol.3 | トップページ | 「いつくしみの特別聖年」終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/68489927

この記事へのトラックバック一覧です: 『扉の向こう側』:

« ミュージックライブ『大人の音楽』 Vol.3 | トップページ | 「いつくしみの特別聖年」終了 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)