1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« グエルチーノ展 | トップページ | 再会ランチ »

ボッティチェリ展

ボッティチェリとルネサンス~フィレンツェの富と美」@Bunkamuraザ・ミュージアム

Botticelli

この展覧会は6月28日までの開催ですが、期間限定の作品があったため、急いで見に行くことにしました。
おかげで美術館三昧のG/Wになりました。

15世紀のフィレンツェでは、銀行家でもあったメディチ家の支援を受け、芸術家たちが数々の傑作を生み出しました。
メディチ家から絶大な信頼を得ていたのが、サンドロ・ボッティチェリ(1445-1510)。
本名はアレッサンドロ・ディ・マリアーノ・フィリペーピ 。ボッティチェリは兄が太っていたことから付いた「小さな樽」という意味のあだ名です。

前日観たグエルチーノより100年以上前の画家ですが、両者とも洗礼者聖ヨハネを数多く描いているのが興味深いです。

ボッティチェリの有名な作品といえば「ヴィ―ナスの誕生」。
今回の展覧会では、女神のみを取り出した作品「ヴィ―ナス」が展示されています。

巨大なフレスコ画「受胎告知」は圧巻です。
記念に、このフレスコ画をデザインしたチケットホルダーを購入しました。

観覧前に「ドゥ マゴ パリ」でランチしました。
テラス席の花々が綺麗でした。

Bunkamura03

Bunkamura02

« グエルチーノ展 | トップページ | 再会ランチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/59887891

この記事へのトラックバック一覧です: ボッティチェリ展:

« グエルチーノ展 | トップページ | 再会ランチ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)