1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 問題は時を選んで下さる? | トップページ | ハンギングバスケットと骨董市 »

映画『カロル-教皇になった男』

キリスト教入門講座で、神父様が紹介してくださったDVD『カロル-教皇になった男』。
原題『KAROL - A Man who became Pope』。

今年4月に列聖された「聖ヨハネ・パウロ二世」の本名であるKarol Józef Wojtyłaに由来するタイトルで、学生時代から教皇に選出されるまでの過程を描いています。

日本語字幕版は講座でも貸出されていますが、貸出済みだったので、気になって検索しました。

2005年製作の映画ですが、上智大学卒業生有志による「カロル日本語字幕版DVD製作委員会」が日本語字幕翻訳を手がけ、今年10月に日本語字幕版が発売されたようです。

英語版をちょっとだけ観ようと思ったら引きこまれて止めることができず、3時間超の大作を観終わりました。

母と姉妹が強制収容所に送られ、惨い死をつげた妹に心を深く傷つけられたカロルの恋人ハンニャの「神はどこにいるの?」という言葉が印象的でした。
そして、「武力」による抵抗ではなく、「愛」による救済を説き続ける神父様達とカロルに感動です。

戦争とはいかにむごく、いかに人を変えてしまうのか・・・。
信念をしっかりもつことがいかに大事な事なのか・・・。
自由とはどんなことなのか・・・。

いろいろ考えさせられる映画です。

ストリーだけではなく、ポーランドの景色や音楽も素晴らしく、お勧めの映画です。

予告篇、あらすじは日本語版公式サイトでどうぞ。

« 問題は時を選んで下さる? | トップページ | ハンギングバスケットと骨董市 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/57788619

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『カロル-教皇になった男』:

« 問題は時を選んで下さる? | トップページ | ハンギングバスケットと骨董市 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)