1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ミュージカル『シスターアクト』 2回目 | トップページ | 6/30 ホームパーティー »

童話「赤ずきんちゃん」

早朝は大雨、昼は晴れて夕方から雷と大雨。何と不安定な天気なんでしょう。

今日は午前から「黙想会」に出席しました。

本題は「旧約聖書~創世記」の読み方と祈りでしたが、冒頭の「赤ずきんちゃん」の話が面白かったので、メモしておきます。
神父様が話した言葉を自分なりにまとめたものなので、見解は違うかも知れません。

「赤ずきんちゃん」は小学生の頃読んだことがありますが、狼がおばあさんの姿に成り代わった事くらいしか覚えていません。

【あらすじ】
赤ずきんと呼ばれる女の子がいた。彼女はお使いを頼まれて森の向こうのおばあさんの家へと向かうが、その途中で一匹の狼に遭い、唆されて道草をする。
狼は先回りをしておばあさんの家へ行き、家にいたおばあさんを食べてしまう。そしておばあさんの姿に成り代わり、赤ずきんが来るのを待つ。
赤ずきんがおばあさんの家に到着。おばあさんに化けていた狼に赤ずきんは食べられてしまう。
満腹になった狼が寝入っていたところを通りがかった猟師が気付き、狼の腹の中から二人を助け出す。
(ここまではWikipediaより引用)
助け出されたおばあさんと赤ずきんは、喜びの祝いをする。(神父様のお話)

この物語には、多くの人間の体験が含まれているようです。
・善 :おばあさん
・悪: 狼
・誘惑: 花を摘みにいく(道草をする)
・救い主: 猟師
・復活: 狼の腹の中から助け出される
・感謝: 喜びの祝い

たかが童話だと思っていたものにもいろいろな要素が入っているのですね。まさに“目からうろこ”でした。

こんな感じで「創世記1-3」を解説した頂いたので、判りやすくて興味深かったです。
実は「旧約聖書」は冒頭の「天地創造」くらいしか読んでいないのです。先日も映画『ノア 約束の舟』を観るために読んだところですが…。
(物語が多すぎて睡魔という誘惑にに負けてしまうのが正直なところです)

【参考】ペローの童話

« ミュージカル『シスターアクト』 2回目 | トップページ | 6/30 ホームパーティー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/56647337

この記事へのトラックバック一覧です: 童話「赤ずきんちゃん」:

« ミュージカル『シスターアクト』 2回目 | トップページ | 6/30 ホームパーティー »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)