1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« UKの思い出2012 「ヨーク市」 | トップページ | 修了式、そして誕生日パーティー »

ミュージカル『シャーロック ホームズ 〜アンダーソン家の秘密〜』

今年初のミュージカル観劇です。

ミュージカル『シャーロック ホームズ 〜アンダーソン家の秘密〜』

【日時】2014年1月25日(土)ソワレ

【会場】東京芸術劇場 プレイハウス

【キャスト】
シャーロック ホームズ:橋本さとし
ゼイン・ワトソン:一路真輝
アンダーソン(アダム、エリックの双子):浦井健治
ルーシー:昆 夏美
レストレード警部:コング桑田
ポビー:大澄賢也

石井一彰、宇野まり絵、竹下宏太郎

【席】2階サイド席

日本で出版されている「シャーロック ホームズ」の探偵小説は全て読破しているので、それがミュージカル化されるのは嬉しいです。

19世紀末のロンドン。クリスマスの夜にイギリスの名門アンダーソン家で2発の銃声が響く。邸宅にいたのは家長アダム・アンダーソンと双子の弟エリック・アンダーソン、そして2人に愛され、今はアダムの婚約者となったルーシー。
その事件直後から、ルーシーは行方不明となり・・・。
難事件解決が人生の楽しみそのものであるシャーロックホームズの元に、アンダーソン家の3人の男が次々と調査依頼にやって来る。
一人は、アンダーソングループの会長でもある長男のアダム。
一人は、兄の陰に隠れるように生きる弟エリック。
そしてもう一人、ボディーガードを伴って現れたのは、2人の叔父でアンダーソングループ副会長である野心家のポビー。
単純な失踪事件ではなさそうなこの案件にホームズは彼自身の偏執的好奇心をそそられ、本格的捜査に、助手のワトソンと共に本格的に着手する。
ほどなくアンダーソン家の周辺人物が一人ずつ殺害され始め・・・。 (公式サイトより)

冒頭の「踊る人形」は、実際に短編小説になっています。映像に映される「踊る人形」の文字形にワクワクしました。

ワトソン助手は女性だった…。
アンダーソン家の秘密の結末はどうなるのか。

途中で、浦井君いじりとか、橋本さんと竹下さんのコントもどきとかあって、いろいろな面で楽しいミュージカルです。

▼ロビーのお花の一部です。

Sherlock_holmes01 Sherlock_holmes02

« UKの思い出2012 「ヨーク市」 | トップページ | 修了式、そして誕生日パーティー »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/54744239

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル『シャーロック ホームズ 〜アンダーソン家の秘密〜』:

« UKの思い出2012 「ヨーク市」 | トップページ | 修了式、そして誕生日パーティー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)