1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ミュージカル『SONG WRITERS』 | トップページ | 神代植物公園 秋のバラ展 »

高田三郎生誕100年記念演奏会

日本の典礼聖歌の父「高田三郎生誕100年記念」演奏会

日時:   11月4日(月)  14:30
場所:   聖イグナチオ教会主聖堂

演奏:  聖イグナチオ教会テレジア聖歌隊
     典礼聖歌アンサンブル(TSE) 

髙田 三郎(たかた さぶろう)1913年12月18日 - 2000年10月22日
愛知県名古屋市に生まれる。武蔵野音楽学校(現在の武蔵野音楽大学)師範科を経て東京音楽学校(現在の東京藝術大学)の本科作曲部を1939年に卒業し、次いで同校研究科作曲部、同校聴講科指揮部で学んだ。
第2バチカン公会議(1962年~1965年)で成立した典礼憲章(Sacrosanctum Concilium)に基づき、それまでラテン語で行われていたミサが各国語で行われることになった。それにともない、日本カトリック司教団の依頼で典礼聖歌作曲に着手した。グレゴリオ聖歌や日本古来の旋律など種々の技法研究を踏まえて、「ミサは全部神のことばで出来ている。だから間違った解釈で作曲してはならない」と、自身の信仰を問いながら、晩年に至るまで220曲あまりの典礼聖歌を作曲した。

Takatasaburo100どちらかというとグレゴリ聖歌の方が好きなのですが、典礼聖歌はミサに与る時に歌っているのでいくつかの曲はなじみがありました。

テレジア聖歌隊は主日のミサを担当されているので、いつも聞いてはいるのですが、こうして目の前で聞くのは初めて。
関西を中心に活動されているTSEとの合同演奏会だったので、豪華な演奏会でした。

生前、高田先生は「典礼聖歌を歌うことは祈ること」と教えてくださったそうです。
いつも適当に歌っているので、これからはできるだけ心を込めて歌いたいと思います。

高田先生の奥様の高田留奈子さんのスピーチもありました。
奥様作曲の「ロザリオの珠」を観衆も一緒に歌いましたが、素敵な歌でした。

それにしても、聖歌をきれいに歌う声が欲しいものです。

« ミュージカル『SONG WRITERS』 | トップページ | 神代植物公園 秋のバラ展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/53828098

この記事へのトラックバック一覧です: 高田三郎生誕100年記念演奏会:

« ミュージカル『SONG WRITERS』 | トップページ | 神代植物公園 秋のバラ展 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)