1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ミュージカル『ステッピング・アウト』 | トップページ | キリスト教とミュージカル »

聖週間とイースター

今週は足繁く教会に通いました。

私は信者でなく、(今のところ)洗礼を受ける予定もありません。
以前参加した神父様の講座で興味がある項目があったので、今月から週一回「キリスト教入門講座」に通っています。

そのため、できるだけ行事にも参加しようと思ったのです。まぁ、教会が近いというのが大きな理由ではありますが・・・。

全てが新しい経験でした。
ほとんど知識がない状態なので、理解や解釈に間違いがあると思いますが、つらつらと書いてみます。

復活祭前の一週間を「聖週間」といい、十字架上の死(受難)に向かって進まれたイエス・キリストの最後の歩みをたどります。
カトリックでは「聖週間」と呼びますが、プロテスタントでは「受難週」、正教会では「受難週間」と呼ぶそうです。

4月17日:「枝の主日」~四旬節の最後の日曜日
イエス・キリストがロバに乗ってエルサレムに入城したときを記念する日です。
シュロ(ナツメヤシ)の木の枝を祝福して頂き、持ち帰りました。どこに飾れば良いのか判らないのですが、ファスナー付ビニール袋に入れて目につく所に飾りました。

4月21日:「聖木曜日」~主の晩餐の夕べのミサ
イエス・キリストと使徒たちの最後の晩餐を記念する日であり、イエス・キリストが(へりくだりの行いとして)弟子たちの足を洗ったということで「洗足式」がありました。

4月22日:「聖金曜日」~主の受難の祭儀
イエス・キリストが十字架に架けられた日であり、イエス・キリストの受難の朗読が行われました。
東日本大震災に関する説教と祈願が印象的でした。

4月23日:「聖土曜日」~復活の聖なる徹夜祭
講師である神父様も出席されるということで、洗礼式・堅信式も同時に行われる大学での「復活徹夜祭ミサ」に参加しました。
5名の学生が洗礼を受けられましたが、洗礼式をみたのでは初めてなので感動でした。洗礼名も興味深かったです。
20名近くの神父様が出席され、神の力をおくられるところは凄かったです。あれだけ多くの神の力を頂ければ、、
学生で構成された聖歌隊の讃美歌も良かったです。

ミサの後に軽食のイースター・パーティーに参加しましたが、“ハッピー・イースター!”とか“おめでとうございます”と言うのも新しい経験でした。

そして今日は復活祭(イースター)です。
イースターといえば、欧米諸国の祝祭日、たまごとうさぎ、それくらいしか知りませんでした。
十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念するという、キリスト教にとっては最も重要な祝日なんですね。

4月24日:「復活の主日」(復活祭・イースター)
洗礼を受けられた方がたくさんおり、細かいことが省かれてしまったのが残念でした。
パイプオルガンの良さを改めて実感しました。

神父様から、ペインティングされたイースター・エッグを頂きました。たまごは復活のシンボルだそうです。

勉強会を含めて5日間一緒に行ってくれ、私の素朴な質問に答えてくれた、信者の友達に感謝です。
聖週間、お疲れ様でした! そして、ハッピー・イースター!

« ミュージカル『ステッピング・アウト』 | トップページ | キリスト教とミュージカル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/39739232

この記事へのトラックバック一覧です: 聖週間とイースター:

« ミュージカル『ステッピング・アウト』 | トップページ | キリスト教とミュージカル »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)