1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「ブラッディ・エミリー」というカクテル再び | トップページ | 夏の思い出 »

ディズニーミュージカル『美女と野獣』

今月オープンした「四季劇場[夏]」のこけら落とし公演『美女と野獣』を観劇しました。

『美女と野獣』も、ある意味で思い出深いミュージカルです。

海外で、大勢で一番安い席で観劇したのが最初でした。
オペラグラスは持っていなく、キャストが豆粒のようでしたが、舞台装置の豪華さに驚かせられました。

ミュージカル観劇に嵌るようになってから、日本でいつか観たいと思っていましたが、今月やっと観劇することが出来ました。

劇団四季 ディズニーミュージカル『美女と野獣』

【日時】2010年7月24日(土)ソワレ

【会場】四季劇場[夏](大井町)

【キャスト】
ビースト:福井晶一、ベル:坂本里咲
モリース:松下武史、ガストン:田島亨祐
ルミエール:百々義則 、ルフウ:遊佐真一
コッグスワース:吉谷昭雄 、ミセス・ポット:遠藤珠生
タンス夫人:大和貴恵 、バベット:長寿真世
ムッシュー・ダルク:川原信弘、チップ:川良美由紀

【席】2階最後列下手

「四季劇場[夏]」は大井町駅から商店街を通って行くのですが、商店街では『美女と野獣』の旗、音楽、店にはポスターと、地域と一体になっている様が見受けられました。

ただ、残念だったのは劇場がバリアフリーデザインででなかったことです。
骨折してから、ついその視点でみてしまいますが、客席の壁に取り付けられた手摺りは飾り程度で、手摺りに頼って歩く昇降する方には不便なものでした。

やはり、舞台装置は豪華で、衣装も素敵でした。

象徴となるバラの花が散りそうな2幕目は、野獣の城の住人のヘアーマメイクがよりモノに近くなっているのも見どころです。

ガストンの酒場のシーンや「♪ビー・アワ・ゲスト」のシーンが好きです。

四季の舞台は基本的にキャストにこだわらないのですが、ミセス・ポット(遠藤珠生さん)の歌声が良かったです。

チップ(ミセス・ポットの息子)も可愛かったです。

一ヵ月後にリピード観劇予定なので、その時にまた・・・。
できたら別のキャストだと良いのですが。(楽しみは多い方が良いですからね)

« 「ブラッディ・エミリー」というカクテル再び | トップページ | 夏の思い出 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/35928763

この記事へのトラックバック一覧です: ディズニーミュージカル『美女と野獣』:

« 「ブラッディ・エミリー」というカクテル再び | トップページ | 夏の思い出 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)