1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『モーツァルト!』の二人と『レミゼ』の彼ら | トップページ | 「グリムス」~大人の樹(4本目) »

『キャンディード』公開稽古なんちゃって特派員レポ

東宝のジョン・ケアード版『キャンディード』初日まで約半月と近づいており、稽古も大詰めではないでしょうか。

そんな中、公開稽古の特派員という素敵な企画がありました。
約1200人の応募があり、当選者は35名。ラッキーです。

帝劇9階の稽古場は『ミス・サイゴン』の稽古場イベント以来ですが、稽古風景を観るのは初体験でした。

プレス陣の前に私たち一般参加者の席があり、真中にジョン・ケアード氏が座られていました。
お馴染みのピアノの真野さん、歌唱指導のビリーさん、ストレッチしている井上さんやキャストの方々。
それだけで気持が昂揚しましたが、一般参加者もキャストに交じってウォーミングアップや発声練習して、カンパニーのメンバーになった気分です。
(この話は次回にでも…)

ジョン・ケアード氏による背景やストーリーの解説は、勉強になりました。

私は2004年の宮本亜門さん演出版しか観ていませんが、全く新しい別の舞台として観るべきだと思いました。
でも、ストーリーの展開の早さは変わらないと思いますので、公式サイトで事前にある程度ストーリーを把握しておくと、もっと楽しめるかもしれません。
(まっしろな状態で観て、リピード観劇しながら深めていくというのも、ひとつの楽しみ方だとは思いますが…)

今回の『キャンディード』は、ヴォルテールの原作に近づけるために改訂したものだそうです

楽観主義と悲観主義の狭間で、純真無垢のキャンディードがいかに決断して生きていくか、これがテーマです。
※キャンディード=純真の意

実際に舞台を観て頂きたいので、さわりだけにします。

♪Overture
ヴォルテール(市村さん)の登場から始まり…。

♪It must be so
キャンディード(井上さん)

■オランダ~病院のシーン
♪Dear Boy
パングロス(市村さん)、キャンディード(井上さん)

■リスボン~宗教裁判・火あぶりのシーン
♪Auto-da-fe

■ベニス~総督宮殿のシーン
♪We Are Woman
クネゴンテ(新妻さん)、老女(阿知波さん)

■スペイン~総踊りのシーン
♪I am Easliy Assimilated
老女(阿知波さん)
このシーン、とても楽しいです。

※曲名は私が調べたもので、正しくないかも知れません。

ますます観るのが楽しみになった『キャンディード』です。
皆さまもぜひ帝劇に足をお運び下さい。

« 『モーツァルト!』の二人と『レミゼ』の彼ら | トップページ | 「グリムス」~大人の樹(4本目) »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/34719415

この記事へのトラックバック一覧です: 『キャンディード』公開稽古なんちゃって特派員レポ:

« 『モーツァルト!』の二人と『レミゼ』の彼ら | トップページ | 「グリムス」~大人の樹(4本目) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)