1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Japanese Musical 『戯伝写楽』 | トップページ | 『骨折日誌』術後5ヶ月間近 »

劇団スカラベ旗揚げ公演『私のこの目で』

会場の「新宿シアターブラッツ」は比較的近くて、かなりの頻度で前を通っていますが、一度も観劇したことがなく、絶好の機会でした。

『ミスサイゴン』つながりの役者さん達も観劇されていました。

劇団スカラベ旗揚げ公演
『私のこの目で』 (原題:See What I Wanna See)

【日時】2010年4月11日(日)マチネ 

【会場】新宿シアターブラッツ

【キャスト】
上野聖太、梶 雅人、千行 星、武井翔子、山田宗一郎

【脚本・作詞・作曲】Michael John LaChiusa
【演出】黒澤世莉

「私のこの目で(原題See What I Wanna See)は、2005年にオフブロードウェイで初演されて以来世界各国で上演される名作で、芥川龍之介の三つの短編、「藪の中」「袈裟と盛遠」「龍」を原作とした日本に縁の深い作品です。

オフブロードウェイの参考サイト(英語)はこちらです。

<第一幕>
「袈裟と盛遠~袈裟」
袈裟:武井翔子、盛遠:梶 雅人

「R SHOMON」
用務員:上野聖太、泥棒:山田宗一郎、妻:千行 星、夫:梶 雅人、霊媒師:武井翔子

<第二幕>
「袈裟と盛遠~盛遠」
盛遠:梶 雅人、袈裟:武井翔子

「救いの日」
牧師:上野聖太、叔母:千行 星、元会計士:梶 雅人、元女優:武井翔子、レポーター:山田宗一郎

小劇場は客席が近くていいですね。

上野さん、梶さんは『ミスサイゴン』や『レミゼ』やLIVEで見ていましたが、他のキャストも素晴らしかったです。

特に山田宗一郎さんは目力があり、表現力が凄いです。

芥川龍之介の作品ということで、私にとっては少し難しかったかな。

「救いの日」が一番判り易く楽しめました。牧師役の上野さんの表情が豊かで、ほくそ笑む目元が印象的でした。

“奇跡は起こる”、そう信じたいです。

昨日楽日を迎えてしまいましたが、三日間6公演という短い期間はもったいないと思います。
旗揚げしたばかりの劇団スカラベ、今後の活動が楽しみです。

« Japanese Musical 『戯伝写楽』 | トップページ | 『骨折日誌』術後5ヶ月間近 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

はじまして。今日このblog見つけました
踵の骨折ですか…大変ですね。僕も足を骨折してるんで(しかも骨折から3か月も経つのにやっと仮骨ができ始めた程度sweat02)よくわかります(>_<)
まだ過去の記事は見てないですけど、また拝見させて頂きます。

猫被り様

コメントありがとうございます。
お互いに足の骨折は大変ですね。骨折は症状により異なるのでなんとも言えませんが、辛抱強く向き合うことが大事だと思います。これは私自身にも言えることなんですが、不安や焦りやが先行してしまいますよね。
拙い文章ですが、骨折に関する記事はカテゴリーの「骨折日誌」で読むことができます。
お大事になさってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/34178634

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団スカラベ旗揚げ公演『私のこの目で』:

« Japanese Musical 『戯伝写楽』 | トップページ | 『骨折日誌』術後5ヶ月間近 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)