1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 特別感謝の日 | トップページ | 残業減少宣言 »

TSミュージカル『天翔ける風に』

更新がご無沙汰した言い訳も虚しいので、素直に「ごめんなさい!」です。

滞っていた観劇メモも多いのですが、まとめてしまうと私自身の備忘録ならないので、最新の観劇メモから残していきます。

『天翔る風に』は2001年と2003年に上演し、今回が再々演となりますが、私にとっては初のTSミュージカルファンデーションの舞台でした。
既に東京公演が楽日を迎え、地方公演(9/3:滋賀公演、9/6:新潟公演 )を残すだけとなっています。

TSミュージカル『天翔ける風に』

【日時】2009年8月29日(土)ソワレ

【会場】東京芸術劇場 中ホール

【キャスト】
三条 英:香寿たつき、才谷 梅太郎:山崎銀之丞
都 司之助:戸井勝海、溜水 石右衛門:今 拓哉
甘井 聞太左衛門:阿部 裕、三条 清/おみつ:福麻むつ美
三条 智:剱持たまき、志士 ヤマガタ:平澤 智
志士/瓦版:照井裕隆、友石竜也

志士・目付:川本昭彦、平野亙、福永吉洋、進藤健太郎、幸村吉也、横田裕市、中條郁司郎、高山光乗、齋藤健二、上口耕平

ええじゃないか民衆:多数

【原作】野田 秀樹 『贋作・罪と罰』 より
【演出】謝 珠栄

【席】2階3列目ほぼセンター

キャスト陣は、東宝ミュージカルで活躍されている方々が多いですね。
TSミュージカルファンデーションの舞台が気になっていたのも本当ですが、最終的にはキャスト陣で観劇を決めました。

あらすじ 
江戸開成所の女塾生・三条英(香寿たつき)はかねてよりの計画通り、金貸しの老婆殺害を実行に移したが、偶然そこに居合わせた老婆の妹までも殺してしまう。
その予定外の殺人が英の理想(“1人の悪人を殺してでも万の善人を救う”)を揺るがせ、心に重い石を抱かせた。
捜査の担当刑事・都司之助(戸井勝海)は、事件の確信犯的な性格を見抜き、次第に英に対して疑惑の目を向け始めるが、英もそれに気づき、都の仕掛ける執拗な心理作戦と懸命に戦い続ける。
一方、英の親友・才谷梅太郎(山崎銀之丞)は、罪の意識に苛まれ苦しむ英の異変を知り、その身を案ずるが、彼もまた同時代のより大きな歴史的事件の渦中にいるのだった
1867年、夏。時あたかも尊王倒幕の気運の高まる幕末の真っ只中、「ええじゃないか」踊りが江戸中を埋め尽くす。新しい時代を目前に、無血革命を目指す坂本龍馬。
彼の密通を疑い武装蜂起を煽るヤマガタ(平澤智)ら志士たち。さらに彼の背後では、ニヒリスト溜水石右衛門(今拓哉)が暗躍する。
果たして、目的は手段を浄化するのか?

赤を基調とした舞台装置が新鮮でした。

アクロバティックなシーンもあり楽しめたのですが、結末が悲しかったです。

『ミー&マイガール』で夫婦役だった阿部さん&福麻さんは、この舞台でも(幸せな夫婦ではありませんが・・・)夫婦役でした。(幸せな夫婦で)
『レミゼ』で酒瓶を持っていた以前のグランテール役、『ミー&マイガール』では禁止さればがらもこっそり酒を飲み、当公演でも酒に溺れる役の阿部さん。
なんか、不思議な縁(繋がり)ですね。

« 特別感謝の日 | トップページ | 残業減少宣言 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

キキがまりゆすと観劇すればよかった?
だけど、更新されたみたい…

↑ キキちゃんはうちのまりゆすと一緒に観劇したかったのかな?
ありがとね。
まりゆすも「天翔ける風に」見たよ。

キキの唯一の友達がまりゆすちゃんなんです。
たぶん、キキも一緒に観劇したかったのでしょうね。

自分のブログの更新もままならない状況で、うーさまのブログにも遊びにいくことができず、ごめんなさい。
連休中にキャッチアップします。

キキ共々、これからもヨロシクです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/31225412

この記事へのトラックバック一覧です: TSミュージカル『天翔ける風に』:

« 特別感謝の日 | トップページ | 残業減少宣言 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)