1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 副都心線、開通! | トップページ | ミュージカル『Hospital Hospital』 »

ミュージカルロマンス『ドラキュラ伝説』

久しぶりの新国立劇場です。
ロビーは花の香りが漂っています。たくさんの花・花・花、そしてたくさんの蘭。

蘭の花

画像はたくさん並ぶ蘭のほんの一部です。千秋楽までは維持するのは大変でしょうね。


【公演】ミュージカルロマンス『ドラキュラ伝説

【日時】2008年6月14日(土)ソワレ

【会場】新国立劇場

【キャスト】
ドラキュラ伯爵:松平 健
ヴァン・ヘルシング(アムステルダム大学名誉教授):鈴木綜馬
ミーナ・マリー(ハーカーの婚約者):剱持たまき
ヴァンパイヤー:真織由季、初風 緑、初嶺麿代
アーサー・ホルムウッド(ルーシーの婚約者):藤本隆宏
メフィスト(悪魔):園岡新太郎
ジャック・セワード(ルーシーの叔父で精神科医):安崎 求
執事(ドラキュラ伯爵に忠実に仕えている):光枝明彦
ジョナサン・ハーカー(弁理士):大澄賢也
ルーシー・ウェステンラ(ミーナの幼友達):紫吹 淳

【演出】藤井大介(宝塚歌劇団)

【席】1階16列目センター


新国立劇場は相変わらず椅子が硬く、長時間座ると疲れますね。
後方は空席が多く、私の席の後ろの数列は誰もいませんでした。

マツケン様以外のキャスト陣も豪華ですし、しかもドラキュラねた。『ダンス・オブ・ヴァンパイア』が好きだったので、かなり気になっていた舞台でした。

しかし、友達曰く「ミュージカルと思わないで、コマ劇場の演歌歌手のお芝居だと思えば楽しいんじゃない」なんて・・・。
ちょっと失礼かもしれないけど、そう思えば悪くない舞台かも・・・。

今回の注目は、宝塚出身の3人のセクシーなヴァンパイヤ(真織さん、初風さん、初嶺さん)。
セクシーなヴァンパイヤはストーリーを進行させる役回りでもあるのですが、歌・ダンス・小芝居と楽しかったです。

そして、何れも四季出身のヴァン・ヘルシング教授(鈴木綜馬さん)、執事(光枝さん)とメフィスト(園岡さん)。
鈴木綜馬さんは何度も舞台で拝見しているので安心して見ることが出来ましたが、園岡さんの歌は素晴らしいです。(後で園岡さんが四季出身だと知りました。)

そうそう、マツケンさんは歌いながらのフライングするんですよ。拍手ものです。
ヘアスタイルは、『エリザベート』の死の帝王(山口)トート様に似ていたような気がしますけど、たぶん気のせいでしょう(笑)。

ストリーはわかり易く、「愛」というテーマは伝わりました。

スペシャル映像は、こちらで見ることができます。
席もまだあるようですので、興味がある方はぜひご覧になってください。リピーターとして劇場でチケットを購入すると半額になります。

« 副都心線、開通! | トップページ | ミュージカル『Hospital Hospital』 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

健さんは、まわりが上手な方ばかりの中でも、
主役としてよかった、と思いました♪
でも、宝塚でやったほうがはまる内容な気がします。
結構面白いのに、客席が寂しくて残念でしたね。

うーさま
お久しぶりです。

マツケンさんは華がありますからね。
私も、ロン毛の銀髪がトート閣下を思い出してしまいました。
宝塚は一度しか観た事がないので何とも言えませんが、空席がたくさんあったのは残念でした。
でも、リピードはしないかも・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/21634098

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカルロマンス『ドラキュラ伝説』:

« 副都心線、開通! | トップページ | ミュージカル『Hospital Hospital』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)