1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 風邪が流行っています | トップページ | 頑張っている人~その② »

『イーストウィックの魔女たち』(10/20ソワレ)

あぶな~い、一週間後の観劇だと勘違いしていて、危うく遅れるところでした。

レミゼ東京公演以来の帝劇です。

『イーストウィックの魔女たち』を観るのは初めて、そして帝劇で最前列の席も初体験でした。


【公演】『イーストウィックの魔女たち』

【日時】10月20日(土)ソワレ

【会場】帝国劇場

【キャスト】
ダリル・ヴァン・ホーン:陣内孝則、ジェーン・スマート:涼風真世
スーキー・ルージュモント:森公美子、 アレクサンドラ・スポフォード:マルシア
フェリシア・ガブリエル:大浦みずき、クライド・ガブリエル:安原義人
ジェニファー・ガブリエル:皆本麻帆、 マイケル・スポフォード:中川賢
フィデル:及川健、少女:小此木麻里 、他

【席】1階最前列センター


以下、少々ネタばれです。(←久しぶりに書いたような気がする・・・)
といっても、文章力がなく、観劇レポは苦手なので、たいした事は書けません。

この舞台、なんと言っても指揮者の塩田さんワールドです。

まずは、開幕前の塩田さんとオケメンバーのミニトーク(私が到着した時は終わる寸前でした)。
一幕前、二幕前とも、塩田さんのアナウンス(携帯電話OFF、撮影NG、拍手~)。
歌いながら指揮して、お客さんに拍手~の合図をして、2幕前半の大ダンス・ナンバー「Dance with the Devil」では、踊っていました。
塩田さんが、一番楽しんでいるような気がします。

そして、最前列の客席の前をいろいろなキャストが通りました。少女(小此木さん)は歌いながら通り、マイケル(中川さん)とジェニファー(皆本さん)は手を繋いで通り、ダリル(陣内さん)は握手しながら通り・・・。ハイ、私もダリルとさらっと握手しました。熱い歌なのに、ダリルの手は冷たかった。

で、内容ですが、「コメディ・ミュージカル」というジャンルがあれば、まさにそれです。

■ダリル(陣内さん)は、博多弁で話すことが多く、スーキー(森久美さん)がたま~に、博多弁で応戦。歌はいまいちですが、コメディという視点でみればOKなのかも知れません。

■フィデル(及川さん)は、台詞がひとつしかありません。全てを演技で表現しなければならないのは大変ですが、キュートです。

■三人の魔女(涼風さん、マルシアさん、森久美さん)の歌は、とても良かった。

フライングも楽しみにしていたのですが、最前列ではあまり楽しむことが出来ませんでした。

涼風さんのアニメ調の声は可愛らしく、マルシアさんはセクシーで、森久美さんのどもった台詞や早口は感心しました。

■フェリシア(大浦さん)が、一番印象が強かった。ブラボ~、素晴らしい(なんか、『M!』の歌にもありましたね、笑)。電話しながら足だけで踊るシーンが一番好きかな。

え~っと、この舞台、リピードするほど好きかと問われたら、「う~ん、返答に困るな~」という程度です。

« 風邪が流行っています | トップページ | 頑張っている人~その② »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/8520424

この記事へのトラックバック一覧です: 『イーストウィックの魔女たち』(10/20ソワレ):

« 風邪が流行っています | トップページ | 頑張っている人~その② »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)