1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 初マチ・ソワします | トップページ | マッサージして貰った »

JCSジャポネスク・バージョン

劇団四季の公演は最近観るようになり、「四季の会」も今年春に入会したばかりです。

ということで、歴史の長い『ジーザス・クライスト=スーパースター』も初観劇でした。

ジャポネスク・バージョン=江戸版、音楽も衣装も良かったです。


【公演】『ジーザス・クライスト=スーパースター』ジャポネスク・バージョン

【日時】6月30日(土)ソワレ

【会場】四季劇場[秋]

【キャスト】
ジーザス・クライスト:柳瀬大輔
イスカリオテのユダ:芝 清道
マグダラのマリア:木村花代
カヤパ(大司教):青木 朗
アンナス(カヤパの義父):喜納兼徳
司祭1:阿川建一郎
司祭2:田辺 容
司祭3:川原信弘 シモン(使徒):神崎翔馬
ペテロ(使徒):飯田洋輔
ピラト(ローマの総督):村 俊英
ヘロデ王 下村尊則

【席】バルコニー2列目、センター


バルコニー立見席もかなり入っていました。やはり歴史がある公演だけに、人気みたいです。

私自身は、四季の公演はキャストに影響されず単純に楽しんで観劇するようにしています。

今回も、出演者リストは観劇後に貰ったので、ジーザス・クライスト、ユダ、マリア、ペテロ以外は、誰が誰なんだか判らない状態でした。

シンプルな舞台装置に、大八車で動きをつけるのは良くできています。でも最高40度位の傾斜であんなに動けるのは凄い!なんて、そんなところから感動してしまいました。

ストーリーは、難しかったです。しかも江戸版なので、人力車に乗って出られたヘロデ王?の衣装と、花魁は何を意味するの?などと、クエッションが一杯でした。

最初は神の子と称えていながら、最後には殺せ!と叫ぶ民衆。ユダの裏切りと死。いろいろ考えさせられる内容でした。

ちゃんと勉強して観劇に望まなければならない舞台ですね。
次のエルサレム・バージョンでは、もう少し理解できるようにしたいです。

カーテン・コールで、白のステージに並ばれたキャストの衣装の配色に感動でした。白とブラウン系に、少し少し混ざる歌舞伎系の派手な色。バルコニーから見ると、とても綺麗な色合いでした。

« 初マチ・ソワします | トップページ | マッサージして貰った »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

またまた同じ公演、
しかも我が家もバルコニー2列目だったんですよ♪
びっくりですね~。

映画は見ておいたのですが、
舞台だとやっぱり迫力もあり、
だれない感じでいいですね。

次のエルサレムのほうが普通に観られそうですが、
こちらも楽しみですね☆

Waooo...本当にビックリです。同じ公演で同じ列だったなんて。
6月は、3回も同じ場所・時間にいたことになりますね。
エルサレムバージョンも同じ回だったら、運命かもしれません(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/6987748

この記事へのトラックバック一覧です: JCSジャポネスク・バージョン:

« 初マチ・ソワします | トップページ | マッサージして貰った »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)