1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ウルルン滞在記~2005年北米編④ | トップページ | 映画~『ウィンターソング』 »

マリー・アントワネット~今年最後の観劇

東宝ミュージカル『マリー・アントワネット』、3回目にして今年最後の観劇でした。

手持ちのチケットはこれでおしまい。来年の観劇は未定です。


【日時】12月3日(日)マチネ

【会場】帝国劇場

【キャスト】
マリー・アントワネット:涼風 真世
マルグリット・アルノー:新妻 聖子
アニエス・デュシャン:土居 裕子
アクセル・フェルセン:井上 芳雄
ルイ16世:石川 禅
ボーマルシェ:山路 和弘
オルレアン公 :髙嶋 政宏
カリオストロ:山口祐一郎
ロアン大司教/レオナール:林 アキラ

【席】2階F列目上手


舞台写真付きのプログラム発売を待っていたのですが、未だ発売されていなかったので、今回も未購入。

寝不足ではないのに何故か眠くて、ところどころ意識不明。

マルグリット役は新妻さんを見るのは初めてでした。どちらもそれぞれの良さがあって、ソロなら玲奈ちゃん、デュエットなら新妻さんというところでしょうか。

一幕前半の舞踏会のシーン。前回も書きましたが、オルレアン公のおでこの赤い点。アンサンブルの方達もいろいろな所に赤い点をつけていました。あれは、当時のファッションだったのでしょうか。どなたかご存知の方がいらっしゃたら教えて下さいませ。

息子を連れ去られるシーンから処刑までのマリー・アントワネット(涼風さん)は泣けます。フェルセンとの最後の出会い、裁判のシーン、処刑のシーン、涙が止まりませんでした。

細かいところで書きたい事はたくさんあるのですが、観劇の後にフィットネスクラブに行ったので、今も眠い。

時間がある時に、3回観劇分をまとめて書きます。

明日の夕方は、御苑前の台湾料理屋さんで働く予定だし・・・。ごめんなさい、いつになるかは判りません。

« ウルルン滞在記~2005年北米編④ | トップページ | 映画~『ウィンターソング』 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウルルン滞在記~2005年北米編④ | トップページ | 映画~『ウィンターソング』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)