1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 脳トレ~その1 | トップページ | 「好奇心」や「意欲」の大切さ »

しばらく迷いました

この記事は書くのはどうか・・・としばらく迷いましたが、このブログは私の日々のことを綴っているので、あえて書くことにしました。かなり辛らつです。

最近悪いニュースで報道されている会社に、実は昨年秋まで勤務していました。

身近な友人には知らせてありますが、心配させたくないので他の友人には未だ退職したことを知らせていません。
そのため、友人達から「会社は大丈夫なの?」と問い合わせメールが届きます。

実際、あの事故も友人からのメールで知ったのです。

6月3日に港区の公共住宅で男子高校生がエレベーターに挟まれて死亡したニュースがありました。

あのエレベーターを製造・据付したスイスに本部がある会社に勤務していたのです。

TVニュースで、死亡された高校生の告別式に参列した社長を見て、ムカムカしてきました。
でも、気になるので、ついニュースを見てしまいます。

社長は直接関係ないですが、私を退職に追い込んだ悪魔がいる会社です。

(死亡された方や家族の方には申し訳ありませんが)私の「悪魔の心」が呟きます、“問題になっていい気味だ”と・・・・ 。
そう思っているのは、私だけではないと思います。

一方、まだ会社で頑張っている元同僚達がとても心配です。
一番仲の良かった同僚は広報担当なので、対応に追われていると思います。

私は技術屋でないのでエレベーターの技術的なことはあまり判りませんが、あの事故の責任所在は、いろいろなところにあると思います。

しかし、あの会社においては経営陣がダメなのです。特に社長が・・・。

マスコミ宛の「我々の製品及び保守が高い安全基準を満たしていると自負している」という文書は状況を判っていない証拠です。
昨日の社長のイヌ1号による会見もいい加減すぎます。
ますます周りを煽るだけです。

「呪いのエレベーター」、「死のエレベーター」、「暴走エレベーター」などと書き立てられ、現場で働いている人達が混乱するのも無理ありません。
現場で保守点検作業をしている社員にコメントを求める報道がありましたが、下っ端の社員がコメントできる訳ないじゃないですか。

地方支社に行く度にお世話になった、各支社の支社長達がかわいそうです。
売上増、コストダウン、顧客満足度の向上等を本社から要求され、その上に今回の問題の対応を強いられることになります。
昨年、ある支社長と話した時は、いつも不安で眠れないと言っていました。ますます眠れないのではと、心配です。

たぶん社長は退任しないでしょう。他の国のグループ会社に移ることはありえますが・・・。
あくまでも推測ですが、弱い立場である品質統括のトップが責任を取らされるような気がします。

言い訳かも知れませんが、他メーカーでもエレベーターのトラブルは多々あります。ただ、それが表に出ていないだけです。

« 脳トレ~その1 | トップページ | 「好奇心」や「意欲」の大切さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

その会社にお勤めだったんですね。
色々な意味で憤りを感じてニュースをご覧に
なっていることでしょうね。
重箱の隅をつつくような報道合戦にもうんざりしてしまいますが、次の新しい事件が起こったとたん、まるで過去のことのようにテレビで取り上げられなくなるのでしょう。
でもこうやって、Emilyさんが書くことは、読者には、考えさせられる機会を与えてくれる貴重な場になっていると思いますよ。

たま。さん

コメントありがとうございます。
経営陣に対しては“いい気味だ”という悪魔の心と、まだ頑張っている元同僚や支社の方々を心配する気持ちとが、複雑に交差しています。

既に退職している私でも、会社幹部の誠意のない対応が報道される度にうんざりしていますが、社員(特に現場で働いている人達)はもっと複雑な気持ちではないかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40901/2124279

この記事へのトラックバック一覧です: しばらく迷いました:

« 脳トレ~その1 | トップページ | 「好奇心」や「意欲」の大切さ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)