1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 数年ぶりの・・・ | トップページ | 観劇占い »

アワ・ハウス(OUR HOUSE)

稽古場日誌やブログを見ながら期待を高めていたロンドン・ミュージカル「アワ・ハウス(OUR HOUSE)」、観てきました。
プレビュー公演を除いて、まだ5回目の公演です。


【日時】6月19日(月)ソワレ

【場所】新国立劇場・中劇場

【キャスト】ジョー:中川晃教、サラ:池田有希子、リーシー:池田成志、エモ:坂元健児、ルイス:新納慎也、ビリー:入絵加奈子、アンジー:瀬戸カトリーヌ、Mr. プレスマン:後藤ひろひと、ジョーの母キャス:香寿たつき、ジョーの父:今井清隆、他

【席】2階1列目、下手側


昨年の「モーツアルト!」以来の中川君でした。

以下、ネタばれです

中川君(アッキー)は髪を短くし、片手の黒いマニキュアもありませんでした。
プログラムを見ると、稽古では髪が長かったけど、舞台写真では髪が短かったので、たぶんプレビュー 公演前に髪を切ったと思われます
短い髪のアッキーは初めてですが、それもまた新鮮でした。

場所はロンドンの下町。
学生服(ブレザー)の16歳のジョー(アッキー)と友達(サカケン&ニーロ)が避妊具を買おうとするところから始まります。
アッキーとニーロの16歳はまだしも、サカケンも16歳なのです。少し違和感、笑。(サカケンのガソリン・スタンドでのユニホームは似合っていましたよ)

しかし!、池田成志さんも16歳なので、かなり違和感。池田さんはそれを強調していましが・・・。

亡くなったジョーの父(今井さん)は、「エリザベート」で言えばルキーニ、「キャンディード」で言えばヴォルテールのような、語りの役です。

ジョーはその父の霊に導かれ、“悪いジョー”と“良いジョー”に分かれます。
一幕目は、“悪いジョー”と“良いジョー”のシーンの区別がつかず???でした。
そして、“悪いジョー”と“良いジョー”が同じ同時に出てくるシーンに多々あり、もっと???でした。どちらかがアッキーではないのです。
2幕での、ジョーの早替えは凄いです。

この公演も見所がたくさんあります。(観る人によってそれぞれですよね)。

ジョーとサラ(池田有希子さん)の社交ダンスは少々ぎこちなくて、日テレの「シャル・ウィ・ダンス~オールスター社交ダンス選手権~」のようでした。
ジョーの父と母(香寿さん)のダンスは大人です。

同じ事を何回も言うボケ役のサカケン。そのサカケンの結婚式でのバック転。

壊れたポンコツ車を移動させる時のサカケン&ニーロの“誰か呼ぼう”の後にW杯日本代表選手の名前が出てきたり、Mr.プレスマン(後藤さん、訳詞もされています)のアドリブ的な台詞。

メインキャストではありませんが、池谷京子さんのお声、素敵でした。

そして、カーテンコール。
途中からバンド「The Embarrassment」(どこで演奏していたのでしょう)も登場し、社交ダンス以外では踊らなかった今井さんや、ダンスのシーンがなかった後藤さんも軽快に踊られていました。

「OUR HOUSE」の曲は全部マッドネスというバンドの曲だそうです。(私、そのマッドネスというバンドを知りません)

プログラム(1500円)も充実していて、読み応えあります。

東京公演の後は、名古屋、大阪、金沢、新潟と巡業されます。あの舞台装置、大丈夫かなぁと心配してしまいます。

« 数年ぶりの・・・ | トップページ | 観劇占い »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 数年ぶりの・・・ | トップページ | 観劇占い »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)