1日1回クリック募金

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 前楽のレミゼチケット | トップページ | 「闇打つ心臓 Heart,beating in the dark」 »

レ・ミゼラブル~明日もきっと輝こう!

明日もきっと輝こう!! Les Miserables
日生劇場のレミゼ千穐楽垂れ幕のメッセージです。

前楽チケットを譲って頂くことができたので、「レ・ミゼラブル(前楽)」を観劇してきました。


【日時】4月24日(月)マチネ

【場所】日生劇場

【キャスト】 ジャン・バルジャン:石井一孝
ジャベール:鈴木綜馬
エポニーヌ:坂本真綾
ファンテーヌ:井料瑠美
コゼット:剱持たまき
マリウス:藤岡正明
テナルディエ:佐藤正宏
テナルディエの妻:田中利花
アンジョルラス:岸祐二
ガブローシュ:桝井賢斗

【席】 2階前から5列目の上手側


私の中では、My楽で終わっていたはず。

急遽決まった観劇だったので心の準備が出来ず、なかなか集中できませんでした。

なので、観劇の感想もまとまらず・・・。

田中マダム・テナルディは初めてでした。

そして井料ファンテーヌ、剱持コゼット&岸アンジョルラスは今年の公演では初キャストでした。

今年観た3公演のガブローシュは全て桝井君でした。

岡さんのブログでも書かれているように、同じキャストでも、それぞれの公演で違います。
キャストもそれぞれに良さがあって、文章下手な私には書ききれません。

■石井バルジャン
最初(2006/4/8)に観た石井バルジャンは、あれ?私の好みではないなと思いました。
石井さんは名古屋公演に出演されていなかったので、日生劇場はひさしぶりのバルジャンだったのですね。
今回はとても良かったです。
特に「彼を帰して」は心にしみいりました。拍手、長かったです。一番長かったのは私かも?

■井料ファンテーヌ
「夢やぶれて」は、(なんて表現すれば良いのだろう)音がのびるところのビブラート?が気になっていました。
でも、エピローグで死に向かうバルジャンを迎えるシーンではとても穏やかなのです。涙うるうるです。

■剱持コゼット
エピローグの♪生きて!パパ生きるの。別れは早すぎるわ・・・。
このシーンで私の評価急上昇。感情、伝わっています。

■佐藤テナルディ
結婚式の招かざる客、あのメイク何だったのだろう。
マダム・テナルディがきちんと白くしているのに、今回はまだら+目の回りは子供のいたずら書き状態。

■田中マダム・テナルディ
この表現でどうかと思いますが、可愛かったです。
怖さが伝わらないのです。

■岸アンジョラス
茶髪なのですが髪の生え際ともみ上げの黒さが気になって、あれは地毛なのかカツラなのかと思う葛藤が・・・。

【番外】

■ガブローシュが投げたカバン
今回は投げた弾入りカバンはしっかり届きました。
誰かの声なのか、私の頭だけなのか、「ヨシ!」という声が聞こえました。
前回は、どうにか届いたカバンを受け取ったコンブフェールがカバンをかかげ、カバンの中から玉を取り出すシーンがありましたが、あれは子鈴コンブフェールならではの演じ方だったのですね。
今回もコンブフェールが受け取ったのですが、カバンをどうするというシーンはありませんでした。

■宿屋の客役の大須賀さん
森久美さんでなかったので、マダム・テナルディに目が釘付けにならなかったのですが、そのかわりに大須賀さんの飲んで飲んで、飲みまくり、泥酔するシーンに目が釘付けに・・・。目立ちすぎです、大須賀さん。

■舞台にひるがえる赤旗
レミゼ公式HPの製作レポートに掲載されていたので、ここも気になるところでした。
残念なことに、「ピープルズ・ソング」では革命の象徴である旗が地上に落ちてしまいました。
でも、「ワンデイモア」では三角形の後ろできれいにはためいていました。

■アンサンブル・キャスト昨年は2組に分かれていたので、今年もそうだと思っていたら、ランダムに組まれていたのを最近知りました。
昨年観た公演は全て同じ組のアンサンブル(大須賀さんがいない組)だったのです。
アンサンブルのいろいろな組み合わせも、また楽しいです。

■千穐楽舞台挨拶
コゼット以外のプリンシバル・キャストと桝井賢斗君は千穐楽でした。
千穐楽舞台挨拶は佐藤テナルディがMCを務めました。
坂本真綾さんを小林さんと呼んでしまい、慌てるシーンは見ものでした。
それぞれの舞台挨拶も、書いたらきりがありません。
レミゼの公式HPを見て下さい。

« 前楽のレミゼチケット | トップページ | 「闇打つ心臓 Heart,beating in the dark」 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

またまた同じ回を観劇だったのですね。
今回の「彼を帰して」は、
私もすごくよかったなあ、と思いました。
アンサンブルキャストは、
去年の帝劇ではやはりランダムな組み合わせだったので、そういうものかなあ、と思っていたのですが、大阪、名古屋は違ったのですね。
ずっと同じ組で深まることもあるでしょうし、
いろいろな組み合わせもみたいし…(^^ゞ

うーさま

コメントしようと思っていたのですが、先にコメントを頂いてしまいました。

昨年の帝劇のアンサンブル、ランダムな組み合わせだったのですか?
私はてっきり2組に分かれていると思っていました。

終わってしまいましたね、今年のレミゼ。
これからは月に一度の頻度でミュージカル観劇予定です。
また、同じ回の公演を観劇できると良いですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 前楽のレミゼチケット | トップページ | 「闇打つ心臓 Heart,beating in the dark」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

足跡数/My tweets

  • カウンター
  • twitter

ミュージカル♪観劇メモ (since 2006)